会社の沿革
 1983年 5月
 (S.58)
 久保政延により個人として創業、スプリンクラーヘッド等の技術開発事業に着手
 1984年 1月
 (S.59)
 畠山金属株式会社が当該事業に参加提携
 1989年 1月
 (H.1)
 畠山金属株式会社和歌山工場新築(スプリンクラー関係製造工場)
 和歌山県橋本市隅田町山内1691番4
 0000年11月
 (H.1)
 最初の総務大臣型式承認取得
 型式番号ス第1〜3号(S72-M80)
 1990年 3月
 (H.2)
 スプリンクラーヘッド等の製造販売開始
 1991年 8月
 (H.3)
 アイエススプリンクラー株式会社法人設立
 1992年 3月
 (H.4)
 耐衝撃型スプリンクラーヘッドの製品開発に着手
 1993年12月
 (H.5)
 アイエススプリンクラー株式会社、社屋新築(工場、試験場、事務所、倉庫等)
 和歌山県橋本市隅田町山内1691番地の5
 1995年 7月
 (H.7)
 日本消火装置工業会、正会員入会
 1996年 2月
 (H.8)
 橋本商工会議所会員入会
 1998年 2月
 (H.10)
 耐衝撃型スプリンクラーヘッド大臣承認取得、
 型式番号ス第10〜2号(E72-Q80)
 0000年11月
 (H.1)
 耐衝撃型スプリンクラーヘッド発売開始
 1999年 4月
 (H.11)
 JFE継手株式会社との協同開発による、湿式流水検知装置パドル型 40A
 総務大臣型式承認取得 型式番号 流第11〜1号(BF40-50)
 2006年11月
 (H.18)
 ホーチキ株式会社へ耐衝撃型スプリンクラーヘッドOEM供給開始
 2008年1月
 (H.20)
 NHKテレビ1月16日夜9時「ニュースウォッチ9」に於いて耐衝撃型ヘッドの
 安全性につき放映される
 0000年2月
 (H.1)
 和歌山県企業ソムリエ委員会より、第6号認定企業に認定される
 (ソムリエ委員会−県内ベンチャー企業の内、特に有望企業を選定、2008年度は弊社1社が認定された。)
 2009年6月
 (H.21)
 株式会社宮本工業所へ耐衝撃型スプリンクラーヘッドOEM供給開始
 2011年1月
 (H.23)
 スプリンクラーヘッドの実火災消火実験棟新築 竣工
 0000年3月
 (H.1)
 東日本大震災による弊社製耐衝撃型スプリンクラーヘッドの誤作動放水被害皆無の
 実績を樹立
 000年10月
 (H.1)
 日本ドライケミカル株式会社へ耐衝撃型スプリンクラーヘッドのOEM供給開始
 2012年4月
 (H.24)
 有効散水半径r2.8耐衝撃型スプリンクラーヘッド大臣承認取得、
 型式番号ス第24〜11号等(EZ72-S80等)
 2014年5月
 (H.26)
 水道連結型 耐衝撃型スプリンクラーヘッド大臣承認取得、
 型式番号ス第26〜3号等(EZ72-S30等)
 2016年7月
 (H.28)
 久保慶晃 代表取締役に就任
 2017年4月
 (H.29)
 東京事務所を東京都江戸川区西葛西に開所